自治体に不用品回収を依頼したいんだけど主に何をしてくれるの?

- サービスを利用する

サービスを利用する

日々生活を送っていると「ゴミ」というものは必ず出てしまうものである。
通常、一般ゴミ(可燃ごみ・不燃ごみ・資源ごみ)回収をりようするものではあるが、時にはそれらに該当しないものもあるだろう。
そのような時に、粗大ごみ回収を利用するのである。
粗大ごみ回収に関しては、各自治体にて処分をすることが出来るのだ。
粗大ごみの基準だが、配布されている小冊子や広報誌などにその詳細が二級されていることだろう。
それらを確認しておくことが先ず準備として必要になってくるのだ。

先ずは連絡を

該当製品であるならば、先ずは各自治体の担当課に電話を入れる。
その際、回収品目に関する詳細を聞かれることだろう。
大きさなどもあわせて測っておくとよりスムーズに進められるのである。
これを伝えたら「3日以内」に引き取りにひてくれるというシステムなのである。

料金などについて

では、具体的な料金について触れていこう。
料金の徴収方法であるが、指定店舗などに「シール」が売られているのだ。
これを購入し、氏名を記入し貼り付ける。
シールは1枚500円で大型の場合は1000円となっているのである。
これを指定金額にあわせた枚数を貼り付けるだけである。
このことから、誰でも手軽に・分かりやすく回収依頼することが可能なのである。

気をつけておくこと


指定のごみ捨て場に出しておけば良いので、立会いなども不要となってるのだ。
ただし、搬出作業は「個々によって行うこと」とされていることから、どんなに大きなもの・重量のあるものであっても自らが搬出しなくてはならないので、その部分に関しては注意が必要である。
なお、該当品目以外のものであればメーカー回収や民間業者を利用することとなるであろう。
回収方法が分からない・該当品目かどうか分からないという場合は、電話で問い合わせをすることもできるので、相談してみると良いだろう。
また、この自治体サービスはあくまで「家庭ごみ」を回収するという目的であるから事業系のごみに関しては回収不可となる。
更に、家電リサイクル法・自動車リサイクル方などに該当する製品に関しても回収は不可となるので注意が必要である。

効率的に利用しよう

こうした民間サービスは、地域住民の健康な生活という理念をベースに作られたものであるから積極的に活用をしていくと良いだろう。
自治体回収にも良い点・悪い点があるとは思うのだが、誰でも安心にそして気軽に利用をすることができるので多くの人が活用しているのである。
もし、不用品が家の中にあるという方は頼んでみてはいかがだろうか。