自治体に不用品回収を依頼したいんだけど主に何をしてくれるの?

- デメリットについて考える

デメリットについて考える

自治体を利用して不用品を回収してもらう際、良い点というものは沢山考えられるだろう。
しかしながら、良い点ばかりと言うわけではないのだ。
デメリットというものも当然存在しているのである。
改めてその部分について考え、より自分に添った粗大ごみの回収スタンスというものを身につけていただけると良いだろう。

自分に合わせてとはいきにくい

日にち指定・時間指定が出来ないことである。
電話を入れて「3日以内」という事から、自らが指定を行うことが出来ないのだ。
逆算をすればスムーズに利用できるであろう。

全てが回収可能というわけではない

産業廃棄物や事業系ごみは回収不可だという事だ。
民間業者であればこうしたものも一度に回収をしてくれるというところもあるだろう。
しかし、先のような粗大ごみに関しては自治体において回収サービスは行っていないのだ。
この点もデメリットと言えるかもしれないのである。

運搬作業は自らで

そして運搬作業の負担だ。
自らが運び出すということが原則となっているのだ。
これは、リサイクルを依頼するときも同様である。
大きく重量感がある不用品を運び出すのは自らでは大変だと感じることもあるだろう。
しかし、特例意外は作業員が搬出するという事はないのだ。

双方を考えて効率よく

品目数条件があると言うのも状況によってはデメリットとなるであろう。
1回の回収につき10品目などと条件が定められている地域が大半なのである。
このことから、粗大ごみの量が多いとなると利用をしにくいという事も考えられるのだ。
メリット・デメリット双方が考えられるので、状況に合わせて活用していくと良いのである。

  ← 前の記事:   次の記事: