自治体に不用品回収を依頼したいんだけど主に何をしてくれるの?

- 持ち込み利用をしたい方へ

持ち込み利用をしたい方へ

自治体の粗大ごみの回収のサービスを利用したいと考えている方もいるであろう。
実際に、多くの方がこのようなサービスを利用しているのである。
しかし、時間的に指定のごみ捨て場に出すことが出来ないなどという場合もあるかもしれないのだ。
このような場合、不用品の回収というものは行えないのであろうか。
自治体サービスを利用するにしても2つの方法があるのだ。
一般的な回収ともう1つ、「持ち込み」というスタンスだ。
これは、自治体が指定する廃棄場に自らが持ち込むという方法である。
リサイクルでの回収を希望する場合でも利用可能となっているのだ。

持込をしたい場合

持込の場合も、事前連絡は必要となるのだ。
ただし、時間は開いている時間であればいつでも回収が可能となっているのでスケジュールに合わせて利用できるのである。
このような場合に置いても、一般回収と同様に指定金額はかかるのも念頭においておきたいところだ。
また、産業廃棄物の回収は不可となっている。これも一般回収と同様である。

持込時のポイント

持込の際の注意点であるが、業者利用などをさけるために車両重量制限が設けられている地域が大半なのである。
こうした詳細においては、小冊子や広報誌に書かれているかと思うので、事前に確認しておくのだ。
また、分からない事に関しては電話で質問・相談も受け付けているである。

上手に活用しよう

自らが運搬すること・品目上限数などにおいても、通常の粗大がみの回収と基本的なものは変わらないことから、比較的に利用をしやすいのではないだろうか。

  ← 前の記事:   次の記事: