自治体に不用品回収を依頼したいんだけど主に何をしてくれるの?

- リサイクル利用は可能なのか

リサイクル利用は可能なのか

まだまだ使えるものではあるが、不用品として処分をしたいと考えている方もいるだろう。
このような場合、自治体サービスにおいても「リサイクルの指定」というものが可能となっているのである。
では、具体的な利用方法について触れて行きたいのだ。

リサイクル利用も簡単

方法は簡単で、一般的な粗大ごみの回収スタンスと基本的には変わりは無いのだ。
電話申し込みをする際、「リサイクルで回収してもらいたい」という事を伝えれば良いのである。
このことから、誰でも簡単にリサイクルができるという事もいえるであろう。
なお、産業廃棄物においてはこのような回収方法と言うものはなく通常回収も不可と言う場合が大半なので注意が必要なのである。

リサイクル申し込み時の注意点

依頼主が希望をしても必ずそれに添う事ができるというわけではないのだ。
破損が大きいもの・汚れが目立つものをはじめ、危険である・使用できないと判断された場合は廃棄処分となるのだ。
この部分において納得した上で利用をするのが良いのである。
また、通常の粗大ごみのスタンス同様に、依頼ばかりではなく「持ち込み」も可能となっているので、状況に合わせて方法を選択すると良いのではないだろうか。

積極的にエコ活動しやすい

少しでも有効活用させたい・エコ活動に参加をしたいなどという場合にも、こうした方法は有効的であることから利用をする人も多いようである。
もし、このような回収を希望されている方は一言伝えてみてはいかがであろうか。
該当品目であればどのような品目でも受け入れてくれることであろう。

  ← 前の記事:   次の記事: